東禅寺事件(読み)とうぜんじじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東禅寺事件
とうぜんじじけん

幕末の尊攘派志士が江戸高輪の東禅寺にあったイギリス仮公使館を襲撃した事件。第1次は文久1 (1861) 年5月 28日水戸藩浪士らによって行われた。イギリス公使 J.R.オールコック幕府の反対を押切って陸路入京したことは神州をけがしたとの理由から,同日夜,14人が襲撃し,書記官 L.オリファントや通訳官モリソンらを負傷させたが,警備の幕兵により殺傷,逮捕された。第2次は翌年5月 29日東禅寺を警備していた松本藩士伊藤軍兵衛が,自藩が東禅寺警備のために多大の出費を要するのを憂い,警備責任を解こうとして単身,仮公使館内に侵入,イギリス人水兵2人を殺害し,自殺した。いずれも幕府から,外人被害者1人につき 3000~1万ドルの賠償金が支払われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

東禅寺事件【とうぜんじじけん】

1861年有賀半弥ら攘夷派の水戸浪士14名が,江戸高輪(たかなわ)東禅寺の英国仮公使館を襲撃,双方に多数の死傷者を出した事件。幕府が償金1万ドルを支払い,各国公使館の建設を約して解決(第1次東禅寺事件)。しかし翌1862年にも公使館警備役の信濃(しなの)松本藩士伊藤軍兵衛が館内に侵入,水兵を2人殺害し,自分も自刃する事件が起こった。引き続いた生麦事件とからんで賠償交渉は難航,翌年幕府が1万ポンド(約4万ドル)を支払って解決(第2次東禅寺事件)。→イギリス公使館焼打事件
→関連項目水戸浪士

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とうぜんじじけん【東禅寺事件】

幕末の尊王攘夷派のイギリス公使館襲撃事件。1861年7月5日(文久1年5月28日)夜,攘夷派の水戸浪士14名が江戸高輪東禅寺のイギリス公使館を襲撃した。公使館書記官オリファントや,公使オールコックに同行して長崎から到着したばかりの長崎駐在領事モリソンが負傷するなど,双方に多数の死傷者を出した。このためイギリスは水兵を上陸させて公使館を直接警備し,翌年幕府は賠償金1万ドルを支払って事件はひとまず落着した(第1次東禅寺事件)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうぜんじじけん【東禅寺事件】

1861年、イギリス公使オールコックの東海道旅行に憤激した水戸浪士一四人が東禅寺のイギリス公使館を襲い、公使館員を傷つけた事件。
1862年、松本藩士伊藤軍兵衛が東禅寺を襲い、イギリス水兵二人を殺し自殺した事件。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東禅寺事件
とうぜんじじけん

幕末、攘夷(じょうい)派志士の二度に及ぶイギリス公使館襲撃事件。
 1861年(文久1)5月28日夜半、水戸藩の攘夷派浪士、有賀半弥(ありがはんや)ら14名は、江戸高輪(たかなわ)東禅寺のイギリス公使館内に侵入し、前日、陸路、東海道を下り帰着したばかりの公使オールコックらを襲った。館邸内の激闘で書記官オリファントと長崎駐在領事モリソンが負傷し、公使自身も公使館員の短銃による防戦によって危うく難を逃れた。遅れて駆けつけた日本側警備兵と浪士は邸外で闘い、双方、死傷者多数を出した。公使オールコックは、初めての館邸乱入事件により、東洋民族の排外運動の根強さを再認識したのであるが、日本側警備兵の働きにも認めるところがあったといわれる。イギリス水兵の公使館駐屯の承認、日本側警備兵の増強、賠償金1万ドル支払いで事件は解決をみた。
 しかし、この事件の一周年にあたる1862年(文久2)5月29日、東禅寺警備兵の1人、松本藩士伊藤軍兵衛(ぐんべえ)は、代理公使ニールを襲撃し、多大の藩財政の出費を強いる公使館警備の解除と、日本人相互の闘いを防ごうとした。伊藤は、イギリス水兵2名を殺害したが、自らも負傷し番小屋で自殺した。イギリス側警備兵は増強されたが、賠償金交渉が紛糾するうち8月に生麦(なまむぎ)事件が起こった。幕府は、生麦事件の賠償金承諾と同時に、償金1万ポンドというイギリスの要求をそのまま受諾した。[井上勝生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android