黒法師岳(読み)くろぼうしがたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒法師岳
くろぼうしがたけ

静岡県西部,浜松市川根本町の境,赤石山脈の南部にある山。標高 2068m。山体は古生層の砂岩頁岩からなり,1800mまではブナ,ミズナラ,カエデなどの落葉広葉樹林が占める。大井川水系と天竜川水系の分水界をなす。登山基地は浜松市水窪町,および川根本町の寸又峡温泉。川根本町上長尾から尾根づたいに南赤石幹線林道が延びている。一部は奥大井県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒法師岳の関連情報