コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寸又峡温泉 すまたきょうおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寸又峡温泉
すまたきょうおんせん

静岡県中部,大井川支流寸又川流域の温泉。赤石山脈南麓にあたり川根本町に属する。渓谷と雄大な森林に囲まれる。 1962年寸又川の支流大間川流域の湯山に硫黄泉が湧出。泉温 42℃前後。大井川鉄道千頭 (せんず) 駅からバスが通じ,一躍観光地として発展した。付近に高さ約 100mの飛竜橋や大吊橋などがあり,紅葉は特に美しい。奥大井県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

すまたきょうおんせん【寸又峡温泉】

静岡県北部、大井川支流の寸又川の渓谷にある硫黄泉。上流にある大間ダム付近の湧泉を引き湯。朝日岳へのハイキング基地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕寸又峡温泉(すまたきょうおんせん)


静岡県榛原(いばら)郡川根本(かわねほん)町、大井(おおい)川支流の寸又川の峡谷近くにある行楽向きの温泉。上流の大間(おおま)川の谷間にわく源泉から引き湯。寸又峡は蛇行する河流が山肌を穿(うが)つ絶景が続く。北西約1kmの大間ダム湖に架かる夢(ゆめ)の吊橋(つりばし)とその上流の飛竜橋(ひりゅうきょう)を巡る遊歩道が人気。単純硫黄泉。泉温42.9℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

寸又峡温泉の関連キーワード金嬉老事件黒法師岳朝日岳寸又峡山肌河流湧泉上流

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寸又峡温泉の関連情報