黒潮大冷水塊(読み)くろしおだいれいすいかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒潮大冷水塊
くろしおだいれいすいかい

紀州沖冷水塊,遠州灘沖冷水塊などともいう。紀伊半島沖から遠州灘沖にかけて沖合い 300~400kmまでの広範囲に生じる低温水塊のこと。黒潮大蛇行 (黒潮異変) に伴って必ず出現する。冷水塊は円または長円に近い形をしていることが多く,その半径は 200kmに達することもある。この大冷水塊反時計回りに循環しており,3000mの深さでも,その循環が認められている。その発生機構については伊豆海嶺の存在,海岸線の形,黒潮流量の多少によるとするものなどあるが,定説はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android