コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒潮大冷水塊 くろしおだいれいすいかい

1件 の用語解説(黒潮大冷水塊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒潮大冷水塊
くろしおだいれいすいかい

紀州沖冷水塊,遠州灘沖冷水塊などともいう。紀伊半島沖から遠州灘沖にかけて沖合い 300~400kmまでの広範囲に生じる低温水塊のこと。黒潮大蛇行 (黒潮異変) に伴って必ず出現する。冷水塊は円または長円に近い形をしていることが多く,その半径は 200kmに達することもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒潮大冷水塊の関連キーワード黒潮大蛇行冷水塊冷水域冷水摩擦冷水浴冷水町混合水域大冷水塊暖水塊静水塊

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone