コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒潮大蛇行 くろしおだいだこう

3件 の用語解説(黒潮大蛇行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒潮大蛇行
くろしおだいだこう

日本南岸を東進する黒潮が,紀伊半島沖から沿岸を離れ,大きく迂回し,大蛇行する現象をいう。この現象は大西洋の黒潮といわれる湾流 (ガルフストリーム) にはみられない黒潮特有の現象で,宇田道隆によって 1930年代に発見された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海の事典の解説

黒潮大蛇行

日本南岸の黒潮は、九州南端沖からまっすぐ沿岸沿いに流れる場合と、紀州沖ないし遠州灘沖で南東に転じ、遠州灘沖に発生した大冷水塊の沖合いを迂回して伊 豆諸島付近で再び接岸する場合がある。この蛇行現象を黒潮大蛇行と呼ぶ。大蛇行は黒潮特有の現象で、湾流等他の西岸境界流に見られない。この蛇行現象は異 常現象と考えられたことがあるが、この海域で黒潮のとり得る二つの安定流路の一つであることが示されている。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くろしおだいだこう【黒潮大蛇行】

黒潮が紀伊半島から遠州灘沖で南へ大きく蛇行すること。船舶の運航ルートを左右するほか、周囲の潮位が上昇するため、高潮が起きやすい。また、下層の冷たい水が湧昇ゆうしようするために、気象および漁場に大きな影響を与える。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒潮大蛇行の関連キーワード黒潮ついつい真下り真っ直ぐ真っすぐな道コアマッスルまっすぐな男まっすぐにいこう。マッスグマ黒潮水

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone