黒豆数(読み)くろまめかぞえ

  • くろまめかぞえ ‥かぞへ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 数珠(じゅず)の黒玉を繰りながら念仏を唱えること。転じて、くどくどと無益な事を繰り返すこと。また、その人。浄土宗の僧侶をあざけっていう。
※虎寛本狂言・宗論(室町末‐近世初)「例の黒豆かぞへに寄せ合いた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android