黒革の手帖

デジタル大辞泉プラスの解説

黒革の手帖

松本清張の長編推理小説。1980年刊行。「禁忌連歌」シリーズの第4作。

黒革の手帖

日本のテレビドラマ。放映はテレビ朝日系列(2004年10月~12月)。全7回。原作松本清張脚本:神山由美子。出演:米倉涼子、仲村トオル、釈由美子、室井滋ほか。第22回ATP賞のドラマ部門最優秀賞受賞作品。女子銀行員が、架空名義預金者のリストを記した手帖を利用して大金を横領し、銀座のクラブのママにのしあがっていく。

黒革の手帖

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1984年1~2月放映(全40回)。原作は松本清張の同名小説。出演:大谷直子、奈良富士子、谷啓ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒革の手帖の関連情報