コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠径リンパ肉芽腫(第四性病/ニコラ・ファーブル病) そけいりんぱにくげしゅだいよんせいびょうにこらふぁーぶるびょう Lymphogranuloma Inguinale

1件 の用語解説(鼠径リンパ肉芽腫(第四性病/ニコラ・ファーブル病)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

そけいりんぱにくげしゅだいよんせいびょうにこらふぁーぶるびょう【鼠径リンパ肉芽腫(第四性病/ニコラ・ファーブル病) Lymphogranuloma Inguinale】

[どんな病気か]
 性感染症の1つで、クラミジアコラムクラミジア感染症」)という病原微生物の亜種の感染でおこります。
[症状]
 感染機会となった性行為の後、1~2週間たって、陰部に粟粒大(あわつぶだい)のびらん(ただれ)ができます。小さく、痛みやかゆみがないので、びらんに気づかない人もいます。
 さらに1週間前後たつと、鼠径部(そけいぶ)のリンパ節(せつ)が腫(は)れて痛みます。やがて化膿(かのう)し、数個のリンパ節がかたまりとなり、皮膚が赤く腫れて、ついには皮膚に小さな孔(あな)があき、膿(うみ)が出るようになります。
 女性は、直腸や肛門(こうもん)周囲のリンパ節が腫れ、リンパ液の流れが悪くなるために陰部の皮膚の肥厚(ひこう)・硬化(こうか)、直腸狭窄(きょうさく)による排便困難、腟(ちつ)と直腸の穿孔(せんこう)などがおこることがあります。これを外陰部肛門直腸症候群(がいいんぶこうもんちょくちょうしょうこうぐん)(エスチオメーヌ)といい、症状が数か月も続くことがあります。
[治療]
 テトラサイクリンサルファ剤を4週間、内服します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

鼠径リンパ肉芽腫(第四性病/ニコラ・ファーブル病)の関連キーワード性感染症性病腸チフスペスト指定感染症急性感染症新興感染症慢性感染症顕性感染細菌性感染症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone