コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラミジア感染症 クラミジアかんせんしょうChlamydia infection

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラミジア感染症
クラミジアかんせんしょう
Chlamydia infection

淋 (りん) 病の増加と同時に急激に増大してきた性行為感染性の疾患で,非淋菌性尿道炎である。トラコーマ性病性リンパ肉芽腫などの病原体として知られていたクラミジア・トラコマチスが原因物質。症状は淋菌性尿道炎より一般的に軽度で,感染から発病までの期間も7~14日と比較的長い。女性では時として子宮内膜炎,卵管炎腹膜炎などの急性骨盤内炎症性疾患を引起すことがあるが,ほとんどの場合は自覚症状がないため,妊婦がそのまま出産にのぞむケースがあり,分娩時に新生児に感染する。感染児の死亡率は一般より顕著に高く,生後数日間で結膜炎になったり,クラミジア性の肺炎にもかかりやすい。治療には,テトラサイクリン,ドキシサイクリン,エリスロマイシンなど抗生剤が有効である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クラミジア‐かんせんしょう〔‐カンセンシヤウ〕【クラミジア感染症】

chlamydia infectionクラミジアによる感染症。性行為により感染する。尿道炎・副睾丸(ふくこうがん)炎・前立腺炎・子宮頸管(けいかん)炎などを起こす。感染症の母親からの新生児は結膜炎や肺炎になり、また、流産の原因にもなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クラミジア感染症【クラミジアかんせんしょう】

クラミジアの感染によって起こる病気の総称。人のみに感染するクラミジア・トラコマチスは多くの型があり,鼠径(そけい)リンパ肉芽腫結膜炎トラコーマを起こす。鼠径リンパ肉芽腫は日本では最近ほとんど見られなくなった反面,別型のクラミジア・トラコマチスの起こす非淋菌性尿道炎卵管炎,子宮頸管炎が増えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

くらみじあかんせんしょう【クラミジア感染症】

 近年、クラミジア(正式な名称はクラミジア・トラコマチス)という病原微生物の感染による性感染症が増えています。クラミジアが感染すると、男性は非淋菌性尿道炎(ひりんきんせいにょうどうえん)(「非淋菌性尿道炎」)が、女性は、子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)(「子宮頸管炎」)がおこることが多いものです。そのほか、鼠径(そけい)リンパ肉芽腫(にくげしゅ)(「鼠径リンパ肉芽腫(第四性病/ニコラ・ファーブル病)」)や目の病気のトラコーマ(「クラミジア結膜炎(トラコーマ)」)がおこることもあります。
 クラミジアによる性感染症は、若い人、とくに大学生などのインテリジェンス層に多いといわれていますが、その理由はよくわかっていません。
 男性の尿道炎は、外尿道口から出る分泌物(ぶんぴつぶつ)による下着の汚れ、軽い排尿痛(はいにょうつう)や尿道のかゆみ程度です。
 女性の子宮頸管炎は、症状がとくに軽く、おりものが少し増える程度で、クラミジアが感染していることに気づいていない人が多いのですが、不妊症(ふにんしょう)になる可能性がありますし、妊娠(にんしん)すると、生まれた赤ちゃんの4割にトラコーマが、2割に肺炎がおこるという報告もあります。
 性行為後の軽い症状には注意が必要です。クラミジアが感染したかどうかは、簡単な検査でわかります。感染の機会をもった後におかしな症状に気づいたら、泌尿器科(ひにょうきか)の診察を受けましょう。女性は産婦人科でもかまいません。
 サイクリン系の抗生物質が効きます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

クラミジア感染症の関連キーワード「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」へ鼠径リンパ肉芽腫(第四性病/ニコラ・ファーブル病)クラミジア結膜炎(トラコーマ)マクロライド系抗生物質性感染症とのどの症状感染症予防医療法妊娠中の健康管理性行為感染症子どもの肺炎オウム病ペット病性病帯下

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラミジア感染症の関連情報