鼠蹊リンパ肉芽腫症(読み)そけいリンパにくがしゅしょう

大辞林 第三版の解説

そけいリンパにくがしゅしょう【鼠蹊リンパ肉芽腫症】

性病の一。クラミジア感染により、鼠蹊リンパ節が化膿し、大きく腫れ、つぶれて瘻孔ろうこうを生ずる。のちに外陰部や肛門周囲にかたい潰瘍ができる。第四性病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android