コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻のかみ方 はなのかみかた

1件 の用語解説(鼻のかみ方の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

はなのかみかた【鼻のかみ方】

 鼻をかむときは、のどから鼻の後ろに息を回して、鼻(外鼻孔(がいびこう))から勢いよく空気といっしょに鼻汁(びじゅう)を吹き出すことになります。
 ですから、抵抗なく空気が吹き出されるのがよく、のどの圧力が急に上がって耳に響くのは困ります。
 鼻は片方ずつかみましょう。こうすれば、かんでいるほうの鼻を空気が通り抜け、かんでいない(押さえている)ほうの鼻は空気が通らないので、のどの圧力が急に上がることはありません。
 子どもにまかせておくと、両方の鼻を一度にかもうとします。これでは、空気が吹き出せませんし、のどの圧力が上がって、のどと鼻をつなぐ管(耳管(じかん))を通って鼻汁が中耳(ちゅうじ)にとどき、中耳炎になる恐れがあります。
「ハイ、片っぽうずつチーンとかみましょう」と教えて、1日数回かませるようにすれば、子どもの鼻炎はずいぶんよくなります。
 また、急性中耳炎のあるときや耳が痛むときは、鼻はかまないほうが安全です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

鼻のかみ方の関連キーワード牛は願いから鼻を通す後ろ紐後ろ幕木で鼻を括るちん手が後ろに回る手鼻のどのど鼻を欠くオープンストローク

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone