コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍王峡 りゅうおうきょう

2件 の用語解説(龍王峡の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕龍王峡(りゅうおうきょう)


栃木県北部、鬼怒(きぬ)川上流部の峡谷。延長約3km。川治(かわじ)温泉と鬼怒川温泉の間にある。流量豊かな虹見(にじみ)の滝、流紋(りゅうもん)岩の白竜ヶ淵(はくりゅうがふち)、緑色(りょくしょく)凝灰(ぎょうかい)岩の青竜ヶ淵(せいりゅうがふち)など、岩質と色彩の変化に富む。紅葉の名所で、川沿いに遊歩道が整備されている。上流に五十里(いかり)湖がある。日光(にっこう)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

龍王峡
りゅうおうきょう

栃木県日光(にっこう)市北東部の鬼怒(きぬ)川にある渓谷。川治(かわじ)温泉と鬼怒川温泉の間、国道121号から日塩(にちえん)有料道路の分岐点付近、野沢合流点から上流へ3キロメートルの鬼怒川に沿う渓谷部をさす。野岩(やがん)鉄道龍王峡駅がある。流紋岩、緑色凝灰岩などが織りなす虹見(にじみ)の滝、青龍(せいりゅう)が渕、兎跳(うさぎは)ねなど、岩肌の変化に富む自然が生んだ奇岩・景勝が連なることで知られる。両岸にハイキングコースがある。[平山光衛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍王峡の関連キーワード鬼怒川温泉匹見峡竜王峡那須日光奥鬼怒温泉鬼怒沼接岨峡瀬戸合峡鬼怒川[温泉]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

龍王峡の関連情報