100VG-AnyLAN(読み)ひゃくぶいじーえにぃらん、ひゃくぶいじーえにーらん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

100VG-AnyLAN

IEEE802.12で標準化された100MbpsのLAN規格。ビューレット・パッカード(HP)とAT&Tのマイクロエレクトロニクスが1991~1994年にかけて共同開発した。安価な音声品質(Voice Grade)の8心4対ツイストペアケーブルを使う。「VG」は、Voice Gradeの略。100VG-AnyLANは、通信効率が非常に高く、伝送遅延も少なくて済むという優れた方式であった。また、データのフレーム構造としてEthernetとトークンリングの両方のフォーマットを利用でき、高い互換性も維持していた。しかし、対応製品の少なさやEthernetスイッチの低価格化などの理由から、100BASE-TXほどには普及しなかった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android