コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

1850年の妥協 せんはっぴゃくごじゅうねんのだきょう Compromise of 1850

1件 の用語解説(1850年の妥協の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1850年の妥協
せんはっぴゃくごじゅうねんのだきょう
Compromise of 1850

アメリカにおいて奴隷問題と西部拡大をめぐって高まった南北分裂の危機を回避するため H.クレーが妥協案として作成し,1850年8月にアメリカ連邦議会で可決された一括法案をいう。その内容は,(1) カリフォルニアを自由州として州に昇格させる,(2) テキサスの境界を定め,テキサスの独立以来の借金を連邦政府が肩代りする,(3) ニューメキシコ准州とユタ准州を設立,将来この地方が州となった場合奴隷制の可否を住民の意志にまかせる,(4) 逃亡奴隷の権利を弱め,その逮捕を容易にするなど,逃亡奴隷法を強化する,(5) 連邦政府所在地コロンビア特別区 (ワシントン D. C.) での奴隷売買を禁止する,というものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

1850年の妥協の関連キーワードアングロアメリカアーリーアメリカンアメリカ杉アメリカ地中海アメリカ松アメリカン遠いアメリカラテンアメリカにおける想像と暴力アメリカ アメリカミス・アメリカ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone