1973年のピンボール

デジタル大辞泉プラスの解説

1973年のピンボール

村上春樹の長編小説。文芸誌「群像」1980年3月号に掲載。同年刊行。「僕」と友人の「」を主な登場人物とする、いわゆる初期三部作の第2作。大学を卒業した「僕」がピンボール探しにとりつかれる物語と、大学を辞めて故郷の街に帰った「鼠」の物語が並行して描かれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

1973年のピンボールの関連情報