コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2リーグ制 にりーぐせい/2りーぐせい

1件 の用語解説(2リーグ制の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

2リーグ制

戦後の復興と共にプロ野球への関心が高まって、1949年7月に毎日が新球団設立を打診。続いて9月に近鉄、大洋、広島、西鉄等も名乗りをあげて乱立模様になった。既存8球団のうち巨人、中日、大陽、大阪が共倒れを懸念してリーグ拡大に反対したのに対し、南海、阪急、大映、東急が2リーグ制を支持。結局、同年11月26日に従来の日本野球連盟を解体して、セントラル・リーグパシフィック・リーグが設立された。51年に西日本が西鉄と、53年に松竹が大洋と合併し、パは54年に加入した高橋ユニオンズが57年に大映と合併した後、大映が翌年に毎日と合併する経緯を経てそれぞれ6球団ずつになった。しかし選手の参稼報酬の高騰に加えスポーツの多様化を受けて球団経営は苦しく、特に巨人戦カードのないパ・リーグは大物選手を保持できない逼迫した経営状況に陥り、1リーグ制を要望。2004年の球界再編の動きの中でようやく05年から6試合ずつのセ・パ交流戦を行うことが決まった。

(武田薫 スポーツライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2リーグ制の関連キーワード関心日本プロ野球選手会高まる日本シリーズノンプロプロ野球ノンプロ野球越智正典マーカットミャスコフスキ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

2リーグ制の関連情報