コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2007年問題 にせんななねんもんだい/2007ねんもんだいretirement of baby‐boomers starting in 2007

知恵蔵の解説

2007年問題

人手不足時代」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

2007年問題

戦後の第1次ベビーブーム(1947〜49年)に生まれた約680万人いる「団塊の世代」が07年から定年を迎えることから、社会保障費増大や労働力不足など様々な影響が懸念されていることを指す。経済界には、ものづくりの技術を若い世代に伝えられないのではないか、という危機感がある。

(2006-06-27 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

人事労務用語辞典の解説

2007年問題

2007年から団塊の世代が相次いで60歳定年を迎えることに伴う退職金負担、労働力不足、消費への影響など、企業や社会に及ぼす影響を指します。日本の人口が減少に転じる時期と重なるため、政府も対応策の検討に乗り出しています。
(2004/10/25掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

2007年問題

1947年をピークとする戦後のベビーブームに生まれた、いわゆる「団塊の世代」が大量に定年退職を迎え、技術やノウハウの継承が追いつかず、生産性の低下を招くのではないかと懸念されている問題。大量退職のピークが2007年に訪れることから、こう呼ばれる。団塊の世代は企業システムのコンピューター化を担ってきた世代でもある。2007年問題は当初、ITの世界における技術継承問題としてクローズアップされたが、他の分野でも同様の問題が懸念されている。そのため、現在はITの世界だけでなく、様々な分野における重要な経営課題としてとらえられている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

2007年問題の関連キーワードものづくりの技術継承・人材育成策動向(2007)スバル技能向上プログラムものづくりシニア再雇用制度

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android