アップグレード(読み)あっぷぐれーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アップグレード

ソフトウェアやハードウェアを、より新しいものやより高性能なものに切り替えること。バージョンアップと同じ意味で使われることもあるが、基本的には、機能や性能を向上させることを意味する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

アップグレード

同じソフトの新バージョン、もしくは、より高級なバージョンを購入し、インストールすることです。高額なソフトでは、ソフトメーカーが旧バージョンの利用者向けに、アップグレード専用のパッケージを低価格で提供することが多いです。
また、周辺機器を追加したり、CPUなどの内蔵パーツを交換したりすることでパソコンの機能を向上させることもアップグレードと呼びます。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

アップグレード【upgrade】

コンピューターのソフトウェアやハードウェアをより新しいものに変えること。大幅な機能の向上や不具合の修正を目的として作成された小規模なプログラムをインストールすることによって行う。◇ソフトウェアの小規模な機能の向上や不具合の修正を伴う更新の場合には「アップデート」という。⇒アップデート

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アップグレード【upgrade】

パソコンのハードウエア・ソフトウエアの性能を、 CPU の交換・メモリーの増設などによって向上させること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アップグレード
あっぷぐれーど
upgrade

性能の進歩や品質をよくすること。旅客機の座席を予約した等級よりも上位のクラスに変更する場合にも用いる。コンピュータ関連では、機械本体や部品、ファームウェアやソフトウェアの交換により、性能を向上させ、不具合の改善を図ることをいう。オペレーティングシステム(OS)やアプリケーションは、新しい機能を盛り込み、利便性を向上させたものが定期的に発売されており、発売時に旧版を利用している人には割安な価格で販売されるのが一般的である。日本では、アップグレードよりもバージョンアップという呼び方のほうが浸透している。旧版や下位版にかえることはダウングレードdowngradeという。また、アップデートupdateという場合は、わずかな不具合の修正や小さな機能の追加などのために、データの一部だけを書き換える処理をさすことが多い。
 パソコン利用者の多くがインターネットへの常時接続によって、不具合の発生やその修正、新機能の追加などの、アップデートやアップグレードの管理をオンラインで行えるようになった。そのため、パッケージとしてのアップグレード製品を発売するのではなく、ネットを通じての随時更新の権利(年単位や指定回数)を織り込んだ形でソフトウエアを販売する企業が増えている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アップグレードの関連情報