6月病(読み)ろくがつびょう

知恵蔵miniの解説

6月病

新社会人が発症することの多い心身の病をいうが、医学用語ではない。新人研修が終わって職場に配属される6月頃に発症することから6月病と称される。医学的には適応障害にあたり、急激な生活の変化についていけないストレスにより、不安、焦り、気分の落ち込みなどの精神的症状や、吐き気腹痛不眠などの身体的症状が引き起こされる。近年では、新人以外の社会人が異動転職をきっかけに発祥するケースも増えている。

(2013-6-24)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

6月病の関連情報