コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

6月病 ろくがつびょう

知恵蔵miniの解説

6月病

新社会人が発症することの多い心身の病をいうが、医学用語ではない。新人研修が終わって職場に配属される6月頃に発症することから6月病と称される。医学的には適応障害にあたり、急激な生活の変化についていけないストレスにより、不安、焦り、気分の落ち込みなどの精神的症状や、吐き気腹痛不眠などの身体的症状が引き起こされる。近年では、新人以外の社会人が異動転職をきっかけに発祥するケースも増えている。

(2013-6-24)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

6月病の関連キーワードサウジアラビア加瀬 俊一安元杜預蔵細川持之来目皇子早田運平畠山持国上西門院

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

6月病の関連情報