A/Bテスト(読み)えーびーてすと

日本大百科全書(ニッポニカ)「A/Bテスト」の解説

A/Bテスト
えーびーてすと

ウェブサイトにおいてユーザーへの訴求効果を測る試験手法。デザインの異なるAとB二つのページを同時に配信し、一定期間内におけるクリック率の違いを集計し、クリック率の高いほうのページデザインへ収斂(しゅうれん)させていく。ボタンの位置、色など微妙な違いによってクリック率が変動するため、主要なウェブサイトではつねに実施されている。なおAパターンとBパターンの2種類に限らず、三つ以上のパターンが試される場合もA/Bテストとよばれる。

 たとえばヤフー・ジャパンでは「検索」のデザインを1ピクセル単位で調整し続けており、それが検索サイトとして圧倒的な地位を維持することにつながっている。ネット企業以外でもA/Bテストは盛んに用いられており、成功事例として有名なのが2008年のアメリカ大統領選挙におけるオバマ陣営による活用である。選挙期間中、寄付を集める専用サイトにおいてA/Bテストを駆使し、多額の寄付金を集めることに成功した。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「A/Bテスト」の解説

A/Bテスト

A/Bテストとは、異なる2パターンのWebページを用意し、実際にユーザーに利用させて効果を比較するテストのこと。Webページのデザインやレイアウト、サイト内導線の最適化をはかるために用いる。split testing、ABスプリットテストスプリットランテストということもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android