A.F.L. ワイズマン(英語表記)August Friedrich Leopold Weismann

20世紀西洋人名事典の解説

A.F.L. ワイズマン
August Friedrich Leopold Weismann


1834.4.17 - 1914.11.5
ドイツの動物学者。
フランクフルト・アム・マイン生まれ。
ゲッティンゲン大学医学化学を学び、1856年「体内における馬尿酸生成」で医学博士号を取得、医者になるが、ギーセン大学に再入学し、主に昆虫の発生を研究。1865年フライブルク大学員外教授。1874年同大動物学教授。1912年までフライブルク大学動物学研究所に勤めた。後半生は視力が衰えたために理論面に力を注ぎ1892年生殖質の連続性を主張し、獲得形質の遺伝を否定し、「生殖質説」として結実させた。又、進化に関し自然選択を重視し、新ダーウィン主義を唱えた。他に「進化論講義」(1902年)も有名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android