コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AAM エーエーエムair to air missile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

AAM
エーエーエム
air to air missile

空対空ミサイル。主として戦闘機が装備しているが,爆撃機の防御用ミサイル (BDM;bomber defense missile) としても考えられている。みずから電波を発信して目標を捕えるアクティブ・ホーミングのフェニックス・ミサイル,母機が発信するレーダ電波の目標からの反射波に乗るセミアクティブ・ホーミングのスパロー・ミサイル,目標機のエンジンが放射する赤外線を追尾するパッシブ・ホーミングのサイドワインダー・ミサイルなどが代表的である。 (→ホーミング誘導 , ASM , SAM )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

AAMの関連キーワードシャルル・ドゴール級航空母艦日本アマチュア秀作美術館リチャード エイブラムスSappee(業務提携)ルドルフ・フォン・エムスグレゴリオス・パラマスグレゴリオス・パラマスバルラームとヨアサフ医薬品医療機器等法アンドルー カードリキテンシュタインバルラーム修道院高度管理医療機器福岡アジア美術館ガーマホセイントリビューン社ヘシュカスモスアジア経営学会ハーテビーストガーマアムル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android