コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

AK-47突撃銃 エーケーよんじゅうななとつげきじゅうavtomat kalashnikova-47 assault rifle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

AK-47突撃銃
エーケーよんじゅうななとつげきじゅう
avtomat kalashnikova-47 assault rifle

ソ連が 1951年に採用した口径 7.62mmの突撃銃。設計者の名をとってカラシニコフ銃ともいわれる。構造が簡単で故障が少いことから第2次世界大戦後の最優秀銃の一つにあげられ,あらゆる戦場に登場している。ベトナム戦争ではアメリカ兵までが捕獲した AK-47突撃銃を使用した。ソ連ワルシャワ条約機構,アラブ諸国,中国のほか,ゲリラなどの使用も多い。 59年に改良型の AKMが出現,78年のソ連革命記念パレードには口径 5.45mmの AK-74が登場したが,外見はほとんど変っていない。 AK-47の主要目は,口径 7.62mm,全長 87cm,重量 4.3kg,有効射程 300m,箱弾倉 30発,最大発射速度毎分 600発。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

AK-47突撃銃の関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎市川崑木下恵介久松静児マキノ雅広ANZUS条約稲垣浩大庭秀雄社会福祉法

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android