コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ALCM エーエルシーエムair-launched cruise missile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ALCM
エーエルシーエム
air-launched cruise missile

空中発射巡航ミサイル。小型ターボジェットエンジンを搭載した有翼ミサイル。母機から発射後,地形照合誘導 TERCOM呼ばれる,飛行コースの標高をデジタルマップ化した装置によって,コースを修正しながら目標地点まで飛行,最後はミサイルの TVカメラで目標を確認して突入する。速度は音速以下だが,地上 50mという低空を飛行するため相手のレーダに捕捉されにくいという利点がある。湾岸戦争で初めて使用された。B-52爆撃機,B-1B爆撃機に搭載。アメリカ軍AGM-86Bミサイルが代表的で,主要目は,全長 6.3m,胴体直径 0.69m,重量 1458kg,最高時速 885km,航続距離 2500km。核弾頭も搭載可能。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エー‐エル‐シー‐エム【ALCM】[air-launched cruise missile]

air-launched cruise missile》空中発射巡航ミサイル。核弾頭を積むことができ、B52などの戦略爆撃機に搭載可能。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ALCM
えーえるしーえむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ALCMの関連情報