低空(読み)ていくう

精選版 日本国語大辞典 「低空」の意味・読み・例文・類語

てい‐くう【低空】

〘名〙
① 空の低いところ。地面水面に近い空間。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉三「手の届きさうな低空を、雪雲横飛びに飛んだ」 〔杜甫‐別房太尉墓詩〕
② (━する) 「ていくうひこう(低空飛行)①」の略。
※麦と兵隊(1938)〈火野葦平〉五月一六日「飛行機は低空して我々の頭上に来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「低空」の意味・読み・例文・類語

てい‐くう【低空】

空中の低い所。地面や水面に近い空間。⇔高空
[類語]中天中空なかぞら中空ちゅうくう天空天穹てんきゅう穹窿きゅうりゅう蒼穹そうきゅう太虚たいきょ上天天球青空青天井ちゅうくう空中虚空こくう上空大空高空

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「低空」の読み・字形・画数・意味

【低空】ていくう

空から垂れる。唐・杜甫〔房太尉((かん))の墓に別る〕詩 他、復(ま)た行役す 馬を(とど)めてに別る くして、乾土無く に低(た)れて、斷雲

字通「低」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android