低空(読み)ていくう

精選版 日本国語大辞典「低空」の解説

てい‐くう【低空】

〘名〙
① 空のいところ。地面・水面に近い空間。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉三「手の届きさうな低空を、雪雲が横飛びに飛んだ」 〔杜甫‐別房太尉
② (━する) 「ていくうひこう(低空飛行)①」の略。
※麦と兵隊(1938)〈火野葦平〉五月一六日「飛行機は低空して我々の頭上に来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「低空」の解説

【低空】ていくう

空から垂れる。唐・杜甫〔房太尉((かん))の墓に別る〕詩 他、復(ま)た行役す 馬を(とど)めてに別る くして、乾土無く に低(た)れて、斷雲

字通「低」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「低空」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android