ARで見る(読み)えーあーるでみる

知恵蔵miniの解説

ARで見る

家具や家電製品などの実物大立方体をAR(拡張現実)で表示するスマートフォン用アプリ。家具などを配置した際の大きさを手軽に実感することができる。2019年にソフトウェアエンジニアの河本健が開発し、自身のTwitterアカウントで公開して話題を呼んだ。同年1月現在、AndroidのARCore対応機種のみインストールが可能となっている。ウェブ上の製品ページなどに記載された寸法のテキストを文字列選択し、「共有」から「ARで見る」を選ぶとカメラが起動して、選択した寸法をARで再現した立方体が表示される仕組み。幅、奥行き、高さのどれか一辺のみでも表示が可能で、移動や回転もできる。大きさのほかに速度のAR表示にも対応している。

(2019-1-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ARで見るの関連情報