ARfD(読み)エーアールエフディー

デジタル大辞泉の解説

エー‐アール‐エフ‐ディー【ARfD】[acute reference dose]

acute reference dose》人がある物質を24時間以内の短時間に経口摂取した場合に、健康に悪影響が出ないと推定される、一日当たりの摂取量。残留農薬食品添加物などによる急性リスクの評価に用いられる。急性参照用量。→ADI

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android