コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

致死量 ちしりょう lethal dose; LD

7件 の用語解説(致死量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

致死量
ちしりょう
lethal dose; LD

生命を奪うのに必要な薬用量。薬物の生体に対する作用の強さを示す尺度の一つとなる。致死量の測定は,主としてマウス,ラットを用いて行う。個体差,性差,投与条件によって異なるが普通,体重に対する薬用量で表わされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちし‐りょう〔‐リヤウ〕【致死量】

死に至らせるのに十分な薬物などの量。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

致死量【ちしりょう】

人間や動物を死亡させるに足る薬物量。同一種でも個体によって差があるので,50%致死量(LD-50)を一般的な表示法として用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

致死量

 毒物,薬物の毒性の指標で,動物を死に至らせる量.50%の個体が死ぬ量(平均致死量)で示すことが多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちしりょう【致死量 lethal dosis】

生体と反応し致死効果を起こすのに要する化学物質の用量。通常,その生体の体重1kgあたりのmg(mg/kg)で表す。各種化学物質の毒性判定にあたっての重要な指標の一つであるため,毒性評価にあたっては,初期に求められることが多い。人体に摂取されたり接触する可能性のある医薬品をはじめ,食品添加物,殺虫剤,家庭用品や農薬などでは,ヒトに対する安全性を推定するために,動物実験(通常,定温動物)を用いて致死量が求められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちしりょう【致死量】

生体を死にいたらせるに足りる薬物の量。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

致死量
ちしりょう

生体を死亡させる薬物の用量のことで、薬物の急性毒性を表す一般的な指標とされている。試験動物をすべて死に至らしめるに足る用量をその動物の致死量lethal dose(LD)といい、死をきたす限界の最小量を最小致死量minimum lethal dose(MLD)という。通例、体重1キログラム当りのミリグラムで表す。生体は薬物に対する個体差が大きく、しかも最小致死量では数値のばらつきが大きいので、一定条件下で試験動物数の50%を死亡させる薬物量を統計学的手法を用いて計算して出したのが50%致死量(半数致死量LD50ともいう)であり、これが広く用いられている。試験動物の種類、性別、体重、観察期間などを一定条件に整え、薬物の投与方法(経口、皮下、筋肉注射静脈注射、腹腔(ふくくう)内注射など)ごとの50%致死量の値を出し、総合的にその薬物の急性毒性を判定する。
 なお、薬物の効果の測定については、50%致死量と同様の方法で求める50%有効量effective dose 50%(ED50)が用いられる。致死量を有効量で割った値を安全域といい、薬の安全性の一指標とされる。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の致死量の言及

【毒】より


[毒薬]
 毒薬とは毒性が強く,〈薬事法〉により厚生大臣に指定された医薬品をいう。毒薬指定の基準は,(1)急性毒性として動物の50%を死亡させる用量(LD50)が,経口,皮下,静脈内(または腹腔内)投与で体重1kg当りそれぞれ30,20,10mg以下のもの,または,(2)動物実験で慢性毒性(薬物投与期間が通常6ヵ月ないし2年)または亜慢性毒性(1ヵ月ないし3ヵ月)が強く,あるいは安全域(薬効量と致死量の差)が狭いもの,または,(3)臨床的に薬効量と中毒量が接近し,有害作用が強く,またはそのおそれが強いもの,とされている。 毒薬に指定されているおもな医薬品には,アコニチン,ジギタリス配糖体,ツボクラリン(クラーレ),ニコチン(含有10%以下の製剤は除外),フグ毒,モルヒネ,黄リン,特定のシアン化合物,特定の水銀化合物などの製剤がある。…

※「致死量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

致死量の関連キーワード御竈を起こす竈を起こす心を起こす事を起こす生産コスト身を起こす虫を起こす目を起こす加熱致死時間ヴェデンスキー効果(生理学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

致死量の関連情報