B中間子(読み)ビーチュウカンシ

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ちゅうかんし【B中間子】

核力を仲介する素粒子中間子の一。電荷は正・負・中性の3種あり、スピンは零。ボトムクオークまたはその反粒子を含む。2000年代に高エネルギー加速器研究機構Bファクトリー、および米国スタンフォード線形加速器センター(SLAC)において、B中間子とその反粒子を量産し、その崩壊の過程を観測する実験が行われ、CP対称性の破れが精密に検証された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

素粒子事典の解説

出典 素粒子事典素粒子事典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

B中間子の関連情報