コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

B中間子 ビーチュウカンシ

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ちゅうかんし【B中間子】

核力を仲介する素粒子中間子の一。電荷は正・負・中性の3種あり、スピンは零。ボトムクオークまたはその反粒子を含む。2000年代に高エネルギー加速器研究機構Bファクトリー、および米国スタンフォード線形加速器センター(SLAC)において、B中間子とその反粒子を量産し、その崩壊の過程を観測する実験が行われ、CP対称性の破れが精密に検証された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

素粒子事典の解説

出典 素粒子事典素粒子事典について 情報

B中間子の関連キーワードパリティ保存(P保存)、C保存、CP保存、T保存ウプシロン中間子小林・益川理論加速器研究施設ボトムクォーク超対称性理論アイソスピンCP対称性Bs中間子反B中間子クォーク標準理論標準模型

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android