コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BRM療法 びーあーるえむりょうほう

家庭医学館の解説

びーあーるえむりょうほう【BRM療法】

 がんに対する治療の新しい考え方として、BRM(バイオロジカル・レスポンス・モディファイア、生物反応修飾物質)という物質を用いる治療法が注目されています。がん細胞に対するがん患者さんの生体の反応を増強したり、がん細胞を変化させたりして治療する方法です。
 放射線療法の物理学的方法や化学的に合成した抗がん剤を用いる化学療法に対して、生物学的手法が中心になるもので、生物療法(せいぶつりょうほう)ともいいます。
 BRMには、免疫賦活薬(めんえきふかつやく)やサイトカインなど、免疫に関連するものを多く含みますが、免疫力以外の生物的反応力(自然治癒力を高める作用)も応用することによってがんを封じ込めようとするもので、免疫療法より広い概念で使われます。
 漢方も、BRMの1つです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

BRM療法の関連キーワードBRM

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android