コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

C言語 シー ゲンゴ

4件 の用語解説(C言語の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

C言語

広い分野で使用されているプログラミング言語。1972年、AT&T社のベル研究所デニス・リッチー氏とブライアン・カーニハン氏が、UNIXの移植性を高めるために開発した。1989年にANSI米国規格協会)の規格となり、標準化された。開発効率と移植性の高さ、ハードウェアの操作が容易にできることから、システムアプリケーションなどのさまざまな開発分野で利用されている。単に「C(シー)」と呼ぶこともある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シー‐げんご【C言語】

コンピューターのプログラミング言語の一。オペレーティングシステムUNIX(ユニックス)用にベル研究所が開発。機種依存性が少なく互換性が高い。のちにオブジェクト指向の拡張を施したC++(シープラスプラス)とともに、広く普及している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

シーげんご【C言語】

コンピューターのプログラミング言語のひとつ。1972年、AT&Tベル研究所で開発された。特定の機種やオペレーティングシステムに依存せず、互換性が高い。また構造化プログラミングに適している。C言語を拡張したC++とともに、さまざまな分野で利用されている。◇略して「C」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

C言語

コンピュータに対する一連の動作の指示を記述するための人工言語「プログラミング言語」の1つ。1972年にAT&Tベル研究所のデニス・リッチーが主体となり、オペレーティングシステム(OS)を記述する言語として作られた。最初に学ぶプログラミング言語の主流となっており、アマチュアからプロまで幅広く使われている。

(2012-10-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

C言語の関連キーワード多重プログラミングプログラマーマルチプログラミングCLSFORTH簡易プログラミング言語ストラクチャードプログラミングメタ構文変数

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

C言語の関連情報