C. ファブリ(英語表記)Charles Fabry

20世紀西洋人名事典の解説


1867.6.11 - 1945.12.11
フランス物理学者
元・マルセイユ大学工業物理学教授,元・ソルボンヌ大学教授,元・ソルボンヌ大学光学研究所長。
マルセイユ生まれ。
1892年パリ大学で学位を取得し、1894年マルセイユ大学に勤務。1904年同大学工業物理学教授を経て、’21年ソルボンヌ大学教授を歴任し、同大学初代光学研究所長となる。この間、1869年ペローと最初の干渉計を発明し、1906年以降ポアソンと干渉の技術を追求し、光のドップラー効果を実験的に証明する。天文学者ルイ・ファブリのである。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android