C. リスペクトル(英語表記)Clarice Lispector

20世紀西洋人名事典「C. リスペクトル」の解説

C. リスペクトル
Clarice Lispector


1925 - 1977
ブラジル作家
生後2ヶ月でブラジルに移住し、地方小説全盛期に「野生の心のかたわらで」(1944年)でデビューする。独特な文体で現代ブラジル文学に新風を送り込み、隠喩に富んだ不透明な文体は現実世界と照応し、形而上学的存在理由に迫る。他の作品に「暗がりの中のリンゴ」(’61年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android