CBT(読み)シービーティー

翻訳|CBT

デジタル大辞泉「CBT」の解説

シー‐ビー‐ティー【CBT】[computer based testing]

computer based testingコンピューターを用いるテスト形式。受験者はコンピューターのディスプレーに表示される設問に対し、キーボードやマウスを用いて解答を入力する。主にIT分野の資格試験などで採用される。インターネット経由で行われる試験は特にIBT(Internet based testing)という。

シー‐ビー‐ティー【CBT】[computer based training]

computer based training》コンピューターを利用した学習。また、そのためのコンピューターシステム。インターネットを利用する場合はWBTウェブベーストレーニング)ともいう。コンピューターベーストレーニングeラーニング

シー‐ビー‐ティー【CBT】[cord blood transplantation]

cord blood transplantation》⇒臍帯血移植

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「CBT」の解説

CBT

コンピューターを利用した学習支援システムのこと。ユーザーの理解度に合わせて、学習の進行状況を調整できるのが特徴最初はコンピューター1台を使うだけだったが、ネットワークを利用したeラーニングへと発展した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「CBT」の解説

シービーティー【CBT】

コンピューターを利用する学習。◇「computer-based training」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

内科学 第10版「CBT」の解説

CBT

cord blood transplantation,臍帯血移植

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android