CBT(読み)シービーティー

翻訳|CBT

デジタル大辞泉「CBT」の解説

シー‐ビー‐ティー【CBT】[computer based testing]

computer based testingコンピューターを用いるテスト形式。受験者はコンピューターのディスプレーに表示される設問に対し、キーボードやマウスを用いて解答を入力する。主にIT分野の資格試験などで採用される。インターネット経由で行われる試験は特にIBT(Internet based testing)という。

シー‐ビー‐ティー【CBT】[computer based training]

computer based training》コンピューターを利用した学習。また、そのためのコンピューターシステム。インターネットを利用する場合はWBTウェブベーストレーニング)ともいう。コンピューターベーストレーニングeラーニング

シー‐ビー‐ティー【CBT】[cord blood transplantation]

cord blood transplantation》⇒臍帯血移植

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「CBT」の解説

CBT

コンピューターを利用した学習支援システムのこと。ユーザーの理解度に合わせて、学習の進行状況を調整できるのが特徴最初はコンピューター1台を使うだけだったが、ネットワークを利用したeラーニングへと発展した。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

内科学 第10版「CBT」の解説

CBT

cord blood transplantation,臍帯血移植

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android