コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臍帯血移植 さいたいけついしょくcord blood transplantation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臍帯血移植
さいたいけついしょく
cord blood transplantation

血液細胞の元になる幹細胞を含む臍帯血を保存しておき,白血病再生不良性貧血などの患者に移植する方法。現在行われている骨髄移植では提供者 (ドナー) が少いうえ適合する確率も低く,さらに採取の際のドナーに対する身体的負担が大きいなど問題が多い。臍帯血の場合は,従来破棄されてきた出産時の臍の緒や胎盤から採取するためそうした問題も起きない。 1990年代以降,欧米では臍帯血バンクが設立されるなど本格的な取組みがなされており,日本でも兄弟間での移植が行われ,公的医療保険の適用も決った。ただし臍帯血の1回の採取量は 70~80ccにすぎないうえ,移植対象者は小児に限られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

臍帯血移植【さいたいけついしょく】

造血幹細胞移植

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さいたいけついしょく【臍帯血移植】

出産時に採取した臍帯血を、白血病・再生不良性貧血などの血液系の難病患者に移植すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臍帯血移植
さいたいけついしょく

胎盤から臍帯血を集め、これを用い造血幹細胞移植を行うこと。臍帯血幹細胞移植ともいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

臍帯血移植の関連キーワード臍帯(さいたい)血移植末梢血幹細胞移植多発性骨髄腫

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臍帯血移植の関連情報