コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CJK統合漢字(読み)しーじぇーけーとうごうかんじ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CJK統合漢字

中国語、日本語韓国語で使用される漢字を統合したもの。CJKはChina、Japan、Koreaの頭文字をとったもの。CJK統合漢字では、中国語と日本語、韓国語に使われる漢字のうち、字形と文字の意味がよく似ているものを同じ漢字として扱う。このため、日本語の文中に中国語を混ぜたい場合などに不都合があることが指摘されている。Unicodeでは全部で6万5536種類の文字を割り当てられるが、CJK統合漢字はこのうちの2万902文字を使用している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シージェーケー‐とうごうかんじ〔‐トウガフカンジ〕【CJK統合漢字】

CJK Unified Ideographs》コンピューター用の文字コード体系の一つであるユニコードに収録されている、漢字の集合および文字コード領域のこと。名称は中国語(Chinese)・日本語(Japanese)・韓国語(Korean)の頭文字から。以前はベトナム語も含めてCJKVとよばれたが、ベトナム語はアルファベット表記に移行されたため、CJKとなった。→ハンユニフィケーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる