コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CLO CLO/しーえるおーcollateral loan obligation

4件 の用語解説(CLOの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

CLO

金融機関等が保有するローンや社債などを特定目的会社(SPC)や信託などを利用して流動化・証券化する仕組み、またはその際に発行される証券のこと。流動化・証券化の対象となるのが、ローンである場合をCLO(ローン担保証券)、社債である場合をCBO(社債担保証券)と呼ぶ。CLO/CBOの具体的な仕組みは、まず特定目的会社や信託などを設定し、そこに金融機関等が保有するローンや社債などを売却。その特定目的会社や信託などが、出資証券受益証券の形で小口化して販売することとなる。また、金融機関等との間で、対象となるローンや社債などのリスクを保証するクレジットデリバティブ契約を結ぶ場合もある(シンセティックCLO/CBO)。この場合は、ローンや社債などが直接売却される訳ではないが、債務者が破綻などした場合に、あらかじめ契約に基づいて定められた支払金を金融機関等が受け取ることができる仕組みであるため、実質的にローンや社債などが売却されたのと同様の経済的効果が期待できる。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

事業再生用語集の解説

CLO

【Collateralized Loan Obligation】の略。 ローン担保証券。銀行が貸し出している企業向けの債権をひとまとめにし、そこから得られる金利収入(債務の回収)などを裏付けに債権を証券化したもの。まず銀行が信託銀行債権譲渡をし、譲渡代金を得る。信託銀行はその信託受益権をSPCに渡し、SPCはそれを証券化して市場に売り出す。投資家は銀行の債権に対して投資していることになるため、銀行が得る金利が投資家に配当されるという仕組み。

出典|(株)セントラル総合研究所
事業再生用語集について | 情報

人事労務用語辞典の解説

CLO

Chief Lerning Officer。企業における「最高教育責任者」「最高人材育成責任者」です。
(2006/8/7掲載)

出典|『日本の人事部』
人事労務用語辞典について | 情報

世界大百科事典内のCLOの言及

【室内気候】より

…また,静座しているときより,運動や重労働をしているときには,人体の新陳代謝による発熱量は多くなるので,同じ着衣なら気温は低めでよく,逆に同じ気温なら薄着が適することになる。 着衣量を表すのにクロ(Clo)という衣服の熱抵抗の単位がある。下着とワイシャツに背広を着た状態を基準として,これを1Cloといい,これは0.155W/(m2・K)の熱抵抗に相当する。…

※「CLO」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

CLOの関連情報