コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

CSデジタル放送 しーえすでじたるほうそう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

CSデジタル放送

通信衛星を利用したデジタル衛星放送サービス。CSとは、Communication Satelliteの略。代表的なCSデジタル衛星放送サービス「SKY PerfecTV!」は、約190チャンネルのテレビ放送と101チャンネルのラジオ放送している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

CSデジタル放送

通信衛星(CS:Communication Satellite)を使う放送サービス。世界的には衛星放送といえばCSをさすのが普通だが、日本ではBSが先行したために併存し、CSは弟分のような扱いを受けてきた。ただし、デジタル化はCSの方が早く、1996年6月に日本最初のデジタル放送としてパーフェクTVが無料放送を始め、翌年1月にはスクランブル(契約者以外は見られないように映像を乱すこと)をかけて有料化した。パーフェクTVはプラットホーム事業者と呼ばれ、受信契約者のデータ管理や料金の徴収、チャンネルの編成など放送サービス全体を管理する。そのもとで、多くの番組供給事業者が300チャンネルもの番組を流す。プラットホーム事業は当初、ディレクTV、JスカイBとの三つどもえになるかと思われたが、JスカイBは放送に至らずにパーフェクTVと合併してスカイパーフェクTV!(通称・スカパー)となり、97年12月に放送を始めたディレクTVも結局はそこに合流した。また、2002年春からは、BSと同じ軌道位置に打ち上げた衛星を使うことでアンテナとチューナーをBSと共用できる110度CSデジタル放送が始まった。スカイパーフェクTV!2とプラット・ワンの2つのプラットホームがサービスを提供していたが、04年3月、後者が消滅する形で合併した。視聴者の選択が厳しくなる多チャンネル時代には、CSサービスを1つに絞らないと生き残れないと判断したためだ。07年末現在、110度も含めた総登録者数は423万。

(隈元信一 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

CSデジタル放送
しーえすでじたるほうそう

通信衛星(CS=communications satellite)を使ったデジタル放送サービス。1996年(平成8)にパーフェクTV!が日本初のサービスを開始し、後続のJスカイBと1998年に合併し、スカイパーフェクTV!としてサービスを始めた。1997年からディレクTVもスタートしたが、2000年(平成12)にスカイパーフェクTV!(現、スカパーJSAT(ジェイサット))へ統合されたため、2017年3月時点で放送を続けている日本の事業者は、スカパーJSAT1社のみである。テレビ、ラジオを含めて300以上の有料多チャンネル放送となっている。同社は東経124度と128度の通信衛星から専用アンテナとチューナーを使って視聴できる「スカパー!プレミアムサービス」に加え、BSデジタル放送の放送衛星と同じ東経110度の赤道上にある通信衛星を使った「スカパー!」を提供している。後者(110度CSデジタル放送)はチャンネル数は少ないが、BS放送と同じアンテナで受信でき、チューナーもほとんどのデジタル放送対応テレビやレコーダーに内蔵されているという利用しやすさが特徴である。[乾 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

CSデジタル放送の関連キーワードマードック(Keith Rupert Murdoch)東経110度CSデジタル放送タカラヅカ・スカイ・ステージCS110度デジタル放送テレビジョン史(年表)デジタルTVチューナー地上デジタルテレビ放送マルチチャンネル放送ペイ・パー・ビューBBケーブルTVチャンネルプラン地上デジタル放送110度CS左旋B放送史(年表)デジタルテレビ委託放送事業者ダビング10リモート視聴コピーワンス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

CSデジタル放送の関連情報