コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放送衛星 ほうそうえいせい

7件 の用語解説(放送衛星の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

放送衛星

衛星放送を中継している人工衛星。BSのこと。赤道上空36,000Kmの軌道上を1日一周するため、自転している地球上からは静止して見える。NHKWOWOWなどのBS放送局が利用している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうそう‐えいせい〔ハウソウヱイセイ〕【放送衛星】

静止軌道に打ち上げられ、テレビなどの地上放送局からの電波を中継・増幅し、地上へ送り返す人工衛星。BS。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

放送衛星【ほうそうえいせい】

衛星放送を行うための人工衛星。略称BS。ふつう,家庭用の小型アンテナでも直接受信可能な大電力送信を行うものをいう。静止衛星であり,1986年打上げのゆり2号b(BS-2b)は1987年からNHK衛星第一放送を開始,世界初の実用放送衛星となった。
→関連項目宇宙通信BS

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうそうえいせい【放送衛星 broadcasting satellite】

放送衛星は衛星放送を行うための人工衛星であり,宇宙に浮かぶ放送局である。放送衛星は,地上から見ると常に同じ場所に静止して見えるので静止衛星呼ばれる。静止衛星は,赤道上約3万6000kmの軌道を地球の自転と同じ向きとスピード,すなわち軌道上を毎秒約7kmで地球の周りを回っている。 放送衛星は,放送のための装置,電力供給のための太陽電池蓄電池,衛星の姿勢を制御する小型ロケットと地上から制御を行う管制装置などで構成されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうそうえいせい【放送衛星】

放送用の静止衛星。テレビなどの電波を、地上中継局を使わず直接家庭で受信できるよう増幅・中継・送信する。 BS 。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放送衛星
ほうそうえいせい
broadcasting satellite; BS

地上3万 6000kmの静止軌道上から一般視聴者に向けて放送を行なう衛星。地上の送信局からの電波を受信し,異なる周波数に変換,増幅して放送するもので,1個の衛星から広大な地域に放送することができ,山や建造物の影響を受けにくい特徴をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

放送衛星
ほうそうえいせい
broadcasting satellite

地上の放送局から発信されたテレビ送信波を人工衛星が中継し、これを直接各家庭のアンテナで受信できるような方式を衛星放送といい、このためのテレビ送信波(映像信号と音声信号)を中継する衛星を放送衛星という。衛星放送では地上放送に比べて伝送帯域幅が広くとれるので、より高品質なテレビ放送が可能になる。受信は地上に限らず、鉄道や船舶などの移動体でも可能である。放送衛星を静止軌道に置くことで、地上に多くの中継局をつくるよりもはるかに効率的である。放送衛星は一般家庭の小型アンテナでも受信可能なように、衛星側の送信電力を高くする必要がある。このための高出力の進行波管増幅器(TWTA)の開発が鍵(かぎ)となる。また、日本のような細長い地形にあうように放送エリアを絞るため、成形ビームアンテナとアンテナの指向制御が必要となる。
 日本では実験用静止放送衛星「ゆり」(1978)、「ゆり2号a」(1984)、「ゆり2号b」(1986)によりこれらの技術開発と実証が行われ、1989年(平成1)から世界初の本格的な衛星放送が開始された。その後、「ゆり3号a」(1990)、「ゆり3号b」(1991)、「ゆり4号」(1997)が相次いで打ち上げられ、日本における衛星放送は確固たるものとなった。BS放送には、1989年に本放送が開始されたBS(アナログ)放送と、2000年に本放送が開始されたBSデジタル放送とがある。アナログ方式は2011年7月に一部の地域を除いて廃止され、デジタルに移行した。[森山 隆]
『山本草二著『放送衛星をめぐる自由と規制』(1979・玉川大学出版部) ▽郵政省電波監理局監修、宇宙通信連絡会議開発実験部会編『放送衛星(ゆり)の実験成果』(1982・大蔵省印刷局) ▽永井裕著『人工衛星――ロケットから放送衛星まで』(1991・電気書院) ▽原田益水著『衛星のすべて――BS、CSなど衛星通信の歩みと技術』改訂版(1993・電波新聞社) ▽遠藤敬二・泉武博監修『放送衛星の基礎知識――BSデジタル放送を中心として』(2001・兼六館出版) ▽片岡俊夫著『新・放送概論――デジタル時代の制度をさぐる』(2001・日本放送出版協会) ▽衛星通信年報編集委員会編、財団法人KDDI発行『衛星通信年報』各年版』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の放送衛星の言及

【宇宙開発】より

… 通信衛星には地上の2点を結ぶもののほかに,人工衛星と人工衛星,人工衛星と地上の間の通信を行うものも登場しつつある。また一方向的通信というべきものに放送衛星があり,これも静止衛星が利用できるようになって登場したものであって実用衛星の中では新しい歴史をもつ。宇宙通信衛星通信衛星放送
[気象観測]
 気象衛星は人工衛星から雲の画像をカメラでとって地上に送ってくるもので,アメリカはタイロス,ニンバスの各試験研究用,そしてエッサによる実用にはいずれも低高度衛星を用いた。…

【衛星放送】より

… 図1は衛星放送の仕組みを示したもので,放送局で作られた番組は,地上局から衛星に向け送信される。放送衛星は,地上局からの信号を受信し,電波の周波数を放送用のチャンネルの周波数に変えたのち,電波の強さを数十Wから百数十Wに増幅して地上に向けて送信する。家庭では衛星からの放送電波をパラボラアンテナで受信する。…

※「放送衛星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

放送衛星の関連情報