CSTO(読み)シーエスティーオー

デジタル大辞泉の解説

シー‐エス‐ティー‐オー【CSTO】[Collective Security Treaty Organization]

Collective Security Treaty Organization》旧ソ連構成諸国による安全保障・領土保全を目的とする条約機構。1992年に集団安全保障条約(CST)として成立、2004年に同機構に発展。最高意思決定機関の集団安全保障会議は加盟国の首脳により構成される。ロシアアルメニアベラルーシカザフスタンキルギスタジキスタンウズベキスタンの7か国が加盟(2017年現在)。集団安全保障条約機構
[補説]ワルシャワ条約機構解散後、旧社会主義諸国が相次いでNATO(ナトー)(北大西洋条約機構)に加盟したため、周辺地域への影響力を保持し、NATOに対抗するため、ロシアを中心として設立されたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android