CSTO(読み)シーエスティーオー

デジタル大辞泉の解説

シー‐エス‐ティー‐オー【CSTO】[Collective Security Treaty Organization]

Collective Security Treaty Organization》旧ソ連構成諸国による安全保障・領土保全を目的とする条約機構。1992年に集団安全保障条約(CST)として成立、2004年に同機構に発展。最高意思決定機関の集団安全保障会議は加盟国の首脳により構成される。ロシアアルメニアベラルーシカザフスタンキルギスタジキスタンウズベキスタンの7か国が加盟(2017年現在)。集団安全保障条約機構
[補説]ワルシャワ条約機構解散後、旧社会主義諸国が相次いでNATO(ナトー)(北大西洋条約機構)に加盟したため、周辺地域への影響力を保持し、NATOに対抗するため、ロシアを中心として設立されたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android