コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロシア ロシア Rossiya

2件 の用語解説(ロシアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロシア(Rossiya)

ヨーロッパ東部からシベリアに及ぶ地域に、スラブ民族が建てた国。862年北海北方におけるルスのノブゴロド公国建国に始まり、諸公国の分立時代を経て、13世紀にモンゴルに征服されたが、1480年ごろモスクワ大公国が成立。17世紀以降はロマノフ家による中央集権国家として発展。ピョートル1世のとき絶対主義体制を確立し、皇帝(ツァーリ)による専制支配が続いたが、1917年ロシア革命によって帝政は崩壊、ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)が成立。その構成する一共和国となる。1991年ソ連の解体により、ロシア連邦となる。
[補説]「露西亜」とも書く。
ロシア連邦」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ロシア【露西亜】

ユーラシア大陸北部を支配したスラブ民族を中心とした国。九世紀後半建設されたキエフ公国に始まり、一四世紀にモスクワ大公国が擡頭、次第に統一国家として成長。1613年ロマノフ朝となり、一八世紀初めピョートル一世の治世下に大帝国に発展し、絶対王権のもとに専制政治が行われたが、ロシア革命により1917年に崩壊。22年ソビエト社会主義共和国連邦が成立。首都ペテルブルク。帝政ロシア。ロシア帝国。 〔「露西亜」とも書く〕
ヨーロッパ東部からシベリアにかけて広がり、二一共和国・一〇自治管区・カリーニングラード州・ユダヤ自治州を含む連邦共和国。東西に長い世界最大面積の国。ソビエト連邦の中核をなす共和国であったが、1991年12月ソビエト連邦の解体により、独立。国連の加盟・条約・大使館などは旧ソビエト連邦政府を継承。鉄・石炭・石油などの鉱産に恵まれ、各種工業が発達。首都モスクワ。面積一七〇七万五千平方キロメートル。人口1億4320万( 2005)。正称、ロシア連邦。
ヨーロッパ-ロシアの略称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロシアの関連キーワードオーロックスカルパチア山脈シベリアンハスキーヨーロッパトルコヨーロッパロシアSLB東ヨーロッパ時間ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパの火薬庫ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロシアの関連情報