DRESS(読み)どれす

日本大百科全書(ニッポニカ)「DRESS」の解説

DRESS
どれす

Denden Realtime Sales-management SystemのNTT(日本電信電話株式会社)が提供していた「販売在庫管理システム」。利用者の事務所などに設置した端末機とDRESSセンターに設置した大型コンピュータを通信回線で結び、オンライン処理により日々の営業活動によって発生する伝票の作成、台帳内容の問い合わせ、変更、更新、あるいは日報月報などの管理事務を行った。1970年(昭和45)東京において開始され、1983年にはDEMOS(デモス)(NTTが提供するデータ通信計算システム)とのネットワークの統合も行われた。1986年当時でユーザー数約5000であった。1996年(平成8)サービスを終了。

坪井 了]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android