コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月報 ゲッポウ

デジタル大辞泉の解説

げっ‐ぽう【月報】

毎月定期的に出される報告や印刷物。
新刊全集などに添えられる小冊子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げっぽう【月報】

月に一度定期的に発行する通知や報告。 「文壇-」
全集に挟み込まれる付録の小冊子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月報
げっぽう

本来は々の通報、報告、またはその印刷物をいう語。現在では全集などに挟み込まれる付録の小冊子をさすことが多い。全集付録、「しおり」などともよばれる。この形式が普及したのは昭和の初め、円本(えんぽん)(1円均一の全集、叢書(そうしょ)本)が流行を極めたときからで、改造社の『現代日本文学全集』(1926~31)に挟み込まれた『改造社文学月報』などがその先鞭(せんべん)をつけた。引き続き『芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)全集』『漱石(そうせき)全集』などの個人全集にも月報が付録されることとなった。これらの月報文章には著者についての回想、著作に関するエピソードなどが盛り込まれ、資料としても有益であり、読み物としても興味深いものがある。最近では各巻付録の月報を合本して全集別巻としていることもあり、『漱石全集』の月報を以前にさかのぼって一括している例もある。なお新刊の図書・雑誌を月々にまとめた月刊誌『東京堂月報』(旧称『新刊図書雑誌月報』)、PR誌の性格をもった『岩波月報』などは全集類の月報とは異種のものであった。[保昌正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

月報の関連キーワードみずほインベスターズ証券国際地震センター千宗室(13代)フォーゲルザング田中メモランダム勧角証券[株]ダナ ペリーノ職業紹介統計レッドブックグローブナー人口動態調査長谷川 国雄資生堂グラフ共通タイトル小西六右衛門岡部 太郎柏木 義円ジェームズ望月小太郎長谷川国雄

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月報の関連情報