コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月報 ゲッポウ

3件 の用語解説(月報の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げっ‐ぽう【月報】

毎月定期的に出される報告や印刷物。
新刊の全集などに添えられる小冊子。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

げっぽう【月報】

月に一度定期的に発行する通知や報告。 「文壇-」
全集に挟み込まれる付録の小冊子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月報
げっぽう

本来は月々の通報、報告、またはその印刷物をいう語。現在では全集などに挟み込まれる付録の小冊子をさすことが多い。全集付録、「しおり」などともよばれる。この形式が普及したのは昭和の初め、円本(えんぽん)(1円均一の全集、叢書(そうしょ)本)が流行を極めたときからで、改造社の『現代日本文学全集』(1926~31)に挟み込まれた『改造社文学月報』などがその先鞭(せんべん)をつけた。引き続き『芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)全集』『漱石(そうせき)全集』などの個人全集にも月報が付録されることとなった。これらの月報文章には著者についての回想、著作に関するエピソードなどが盛り込まれ、資料としても有益であり、読み物としても興味深いものがある。最近では各巻付録の月報を合本して全集別巻としていることもあり、『漱石全集』の月報を以前にさかのぼって一括している例もある。なお新刊の図書・雑誌を月々にまとめた月刊誌『東京堂月報』(旧称『新刊図書雑誌月報』)、PR誌の性格をもった『岩波月報』などは全集類の月報とは異種のものであった。[保昌正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月報の関連キーワード月刊月例市報週報月復習月次講定期的定期便印版刷物

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月報の関連情報