E.F. ヘクシャー(英語表記)Eli Filip Heckscher

20世紀西洋人名事典の解説


1879 - 1952
スウェーデンの経済学者,経済史家。
元・ストックホルム経済史研究所所長,元・ストックホルム商科大学教授
ストックホルム生まれ。
ストックホルム商科大学で経済学・統計学の教授を務めた後、ストックホルム経済史研究所所長。経済政策の歴史的研究、スウェーデン経済史の数量的解明を行い、「ヘクシャー・オリーンの定理」を提唱したほか、重商主義研究家としても知られる。主著は「重商主義」(1931年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android