コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

EMP イーエムピーEMP

翻訳|EMP

デジタル大辞泉の解説

イー‐エム‐ピー【EMP】[electromagnetic pulse]

electromagnetic pulse》電磁衝撃波。核爆発の際生じる電磁波。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のEMPの言及

【核兵器】より


[電磁パルス]
 核爆発によって生じた放射線は,大気との相互作用によって,数kHzから数百MHzにわたるきわめて広帯域の周波数成分を持つ瞬間的な電磁波のパルスを発生する。この電磁パルス(EMP,electromagnetic pulse)は核爆発とほとんど同時に最大値に達し,その後ゆるやかに減衰していく。一般に電磁場の変化は導体内に誘導起電圧を生じ,過度電流が流れる。…

【核兵器】より


[電磁パルス]
 核爆発によって生じた放射線は,大気との相互作用によって,数kHzから数百MHzにわたるきわめて広帯域の周波数成分を持つ瞬間的な電磁波のパルスを発生する。この電磁パルス(EMP,electromagnetic pulse)は核爆発とほとんど同時に最大値に達し,その後ゆるやかに減衰していく。一般に電磁場の変化は導体内に誘導起電圧を生じ,過度電流が流れる。…

※「EMP」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

EMPの関連キーワードelectromagnetic pulseエムデン(Gustav Embden)ミナクシスンダレーシュワラ寺院エーカンバレーシュワラ寺院悪魔に試みられた誘惑の山ロサンゼルス現代美術館ミナクシアマン寺院ラムセス二世葬祭殿グラックス[兄弟]マーチャーシュ聖堂テンプツーパームマハーボディ寺院ネフェルタリ神殿マイヤーホーフ黄腹目白太蘭鳥黄喉目白太蘭鳥黄帯目白太蘭鳥G. エムデンカルナック神殿カイラーサ寺院

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

EMPの関連情報