F.リチャード シャウディン(英語表記)Fritz Richard Schaudinn

20世紀西洋人名事典の解説

F.リチャード シャウディン
Fritz Richard Schaudinn


1871 - 1906
ドイツの動物学者。
元・ハンブルクの船舶熱帯衛生研究所所長。
東プロイセン生まれ。
1902年「原生生物学論叢」を創刊。’04年ベルリンの国立衛生局原生動物部長、’06年ハンブルクの船舶熱帯衛生研究所所長となる。赤痢アメーバ、アフリカ睡眠病、マラリア病、コクシジウム症の病原虫の形態、増殖、生活史について研究、熱帯赤痢がアメーバで起こることを証明。1905年ホフマンと共に梅毒の病原体スピロヘータ・パリダを発見。微生物学に関してフリッツ・シャウディン賞が設定された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android