コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

FAT32/FAT16 ふぁっとさんじゅうに/ふぁっとじゅうろく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

FAT32/FAT16

ウィンドウズ95(ただしOSR2)およびウィンドウズ98にはハードディスクなどディスクの管理方法に2つの種類がある。データを記録する際のフォーマット(区画整理)の仕方や管理方法(どんなデータがどこに記録されているかを記録する目次の作り方)の違いによってFAT16FAT32がある。ハードディスクの大容量化にともない、FAT16では2GB以上のスペースを1つのドライブとして管理できないうえに、無駄なスペースを多く消費するため、FAT32が主流となった。FAT32はFAT16の欠点を補うべく、2TB(1TB=1024GB)まで1つのドライブとして管理できるほか、無駄なスペースもより小さくできる。また、ドライブ内のデータがどこにあるかの目次データも16ビットから32ビットのデータに変わり、より速く目的のデータを探し出すことが可能になっている。デメリットは、FAT32ドライブはウィンドウズ95ウィンドウズ3.1DOSなどから開けない(ネットワーク経由なら開ける)、ディスク管理ツールなどに未対応の製品がある、ウィンドウズ98から95に戻すことができなくなる、など。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

FAT32/FAT16の関連キーワードWindows 95 OSR2Windows 95FAT32ビットFAT