FDMハイアラーキ(読み)エフディーエムハイアラーキ(英語表記)FDM hierarchy

世界大百科事典 第2版の解説

エフディーエムハイアラーキ【FDMハイアラーキ FDM hierarchy】

周波数分割多重通信(FDM)において,多重度が多い場合には群変調が用いられ,さらにいくつかの群をまとめて群変調を繰り返すことも行われる。この多重化の階層構成をFDMハイアラーキという。例えば日本の公衆電話網においては,12通話チャンネルをまとめて基礎群とし,基礎群を5群まとめて基礎超群,さらに基礎超群を5群まとめて基礎主群,基礎主群を3群まとめて基礎超主群と呼んでいる。したがって,これらの群はおのおの12,60,300,900チャンネルの通話路を含むことになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のFDMハイアラーキの言及

【多重変換装置】より

…周波数分割多重通信において,多重度が大きい場合には群変調が用いられ,さらにいくつかの群をまとめて群変調を繰り返すことが行われる。この多重化の階層構成をFDMハイアラーキという。多重変換装置は,このハイアラーキに従って群変調を行う装置である。…

※「FDMハイアラーキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android