コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロ波通信 マイクロはつうしんmicrowave communication

3件 の用語解説(マイクロ波通信の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロ波通信
マイクロはつうしん
microwave communication

マイクロ波を用いた無線通信。非常に広帯域の信号を伝送できるので,テレビや超多重電話などの中継伝送に広く用いられている。マイクロ波見通し距離内に限られるので約 50kmごとに中継局を設けて増幅中継する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイクロはつうしん【マイクロ波通信 microwave communication】

一般に1~100GHzくらいまでの電波をマイクロ波と呼び,この周波数帯を用いた無線通信をマイクロ波通信と呼んでいる。マイクロ波は波長が30cm以下のため,直径数m程度の反射鏡のアンテナで電波のビーム幅を数度以内に絞ることができる。このアンテナを相互に見通しのある送受信点間に対向させて通信を行うものがマイクロ波通信であり,広帯域の信号を安定に伝送できるのが特徴である。この原理に基づき,見通しのある中継点を多数設置して繰り返し中継を行い長距離伝送も可能である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイクロ波通信
まいくろはつうしん
microwave communication

マイクロ波(通常300メガヘルツ~3ギガヘルツのUHF帯と3~30ギガヘルツのSHF帯を含めた電磁波をいう)を利用する通信をいう。マイクロ波は、その周波数が短波、超短波に比べて高いので、波長が短く、扱いやすい数メートル以下の大きさのアンテナでもかなり鋭い指向特性をもって電波を定められた方向に発射することができる。
 日本は山が多いことから、市外伝送路を作製するのに、マイクロ波を利用することが適している。日本のマイクロ波通信方式は1954年(昭和29)に、アナログ方式として4ギガヘルツ帯のSF-B1方式(伝送容量1システム当り360チャネル)に始まり、その後4ギガヘルツ帯、5ギガヘルツ帯で3600チャネルの方式が実現している。デジタル方式としては、1969年に電話240チャネルを伝送する方式が、2ギガヘルツ帯で実用化された。その後11、15ギガヘルツ帯などに導入されるとともに、高能率な方式が開発され、4、5、6ギガヘルツ帯で、200メガビット/秒(電話2880チャネル)の伝送可能な方式が実用化されてきた。しかし、6ギガヘルツ帯以下の電話網用のマイクロ波通信は、光通信に順次とってかわられ、これらの周波数は急速に需要の増加している移動通信などに利用されることになっている。[坪井 了・三木哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマイクロ波通信の言及

【電気通信】より

…現在では1万通話以上の電話回線を1条の同軸ケーブルで伝送する高多重の搬送多重通信方式も実用化されている。 有線通信方式である同軸ケーブル方式と並んで発達した無線通信伝送方式にマイクロ波通信方式がある。これは周波数が数GHz(1GHz=109Hz)から十数GHzの極超短波を搬送波とする多重通信方式である。…

【電話】より

…これにより1条のケーブルで1万通話以上を同時に伝送する多重通信方式も実現されている。市外電話伝送には上記の有線ケーブル方式のほかに,マイクロ波通信方式を用いた無線方式も広く用いられている。マイクロ波は雑音が少なく,安定な伝送特性をもち,周波数帯域幅が広いので広帯域の多重通信情報が送れるのが特徴である。…

※「マイクロ波通信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイクロ波通信の関連情報