コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gm型 ジーエムがたhuman gammaglobuline group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

Gm型
ジーエムがた
human gammaglobuline group

ヒト血清中の免疫グロブリンに存在する抗原性の差異による遺伝的多型の一種で,R.グルッブにより 1956年に発見された。特定の不完全 Rh抗体で感作された赤血球と抗 Gm血清との凝集反応を被検血清が阻止するかしないかによって型判定を行う。すなわち強く阻止された場合は陽性 ( + ) ,ごく弱く阻止するか,あるいはまったく阻止しないときは陰性 ( - ) となる。 Gm型の遺伝子には人種差があり,コーカソイドは ag,axg,fb1b3,モンゴロイドは ag,axg,ab3st,afb1b3,ニグロイドは ab1b3,ab1e,ab3s という遺伝子 (ハプロタイプ) をもつことが明らかになっている。 ab3st と afb1b3モンゴロイドの標識遺伝子である。同じ人種集団のなかでも遺伝子の頻度に差があり,集団の分化や移動を復元するうえで有用である。松本秀雄の研究によれば日本人の Gm型遺伝子頻度は北方系でモンゴロイドのそれに近いという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

Gm型の関連キーワード急性肝炎肝炎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android